★山梨県の富士山麓にある【算数・数学のオンライン学習塾】です★ アウトドアや音楽、モノ作りなど色々なことが好きなパパ塾長(笑)が、数学を生徒さん1人ひとりに合わせてわかりやすく個別指導します!【中学生・高校生・高卒認定】
2次関数とは?!

2次関数とは?!

1次関数と比べながら、「2次の関係」になっているものを具体的に見ていきます! 次数が「1次→2次」になるだけで、実際にやることは1次関数と同じです(^^)
2次関数のグラフ

2次関数のグラフ

2次関数のグラフの特徴とポイントを、まとめます! 1次関数と対応させることで、きれいに確認・整理できます(^^)
2次関数の変域

2次関数の変域

関数の範囲をしぼる「変域」について、グラフを通して見ていきます! “どっちが遠いか”という大事なコツを伝えます(^^)
2次関数の変化の割合

2次関数の変化の割合

1次関数では「変化の割合は一定(=傾き)」でしたが、2次関数は曲線なので「一定ではない」! でも計算は、1次の時とまったく同じで、新しいことはありません(^^)
平均の速さとは?

平均の速さとは?

モノが転がったり落ちたりする動きが「2次関数」という話をします! 前回やった「変化の割合」の意味は、「平均するとどれぐらいの速さか?!」です(^^)
2次関数のグラフと図形

2次関数のグラフと図形

関数のグラフが、図形的な問題になっていきます! これから超重要になってくるので、しっかりポイントをチェックしてみて下さい(^^)
いろいろな関数(階段グラフ)

いろいろな関数(階段グラフ)

世の中にある色々な「料金の仕組み」は、階段グラフになっていることが多いという話をします! 2次関数とはまったく関係ありませんが、「こんな関数もある」という例です(^^)
@