★山梨県の富士山麓にある【算数・数学のオンライン学習塾】です★ アウトドアや音楽、モノ作りなど色々なことが好きなパパ塾長(笑)が、数学を生徒さん1人ひとりに合わせてわかりやすく個別指導します!【中学生・高校生・高卒認定】
データを読み解く①(相対度数)

データを読み解く①(相対度数)

表やグラフに整理したデータを読み解いていくことに挑戦します! まずは全体に占める「割合」がパッとわかる相対度数を見ていきましょう(^^)
代表値①(平均値+階級値)

代表値①(平均値+階級値)

データの特徴や傾向をパッと示す「代表値」として、一番わかりやすい「平均値」を見ていきます! ざっくりした平均値を出すことができる「階級値」についての話が、今回のメインです(^^)
代表値②(中央値-1)

代表値②(中央値-1)

代表値のなかでも重要な中央値を2回にわけて見ていきます! データの個数が「偶数/奇数」で違いがあるので、そこをしっかり押さえるのがポイントです(^^)
代表値②(中央値-2)

代表値②(中央値-2)

今回は、度数分布表やヒストグラムから中央値を求めていきます! 「平均値と中央値でデータが全然違って見えてくる」という、実践的なデータの読み方も再び(^^)
代表値③(最頻値)

代表値③(最頻値)

データの中で「最も頻度が多い」のが最頻値! 中央値という山を越え、あとは超簡単です(^^)
代表値④(範囲)

代表値④(範囲)

データがどれぐらい散らばっているかを見るのが(データの)範囲。 データの散らばり具合によって「同じ平均値でも、状況が全然違う」という例を見ていきます!
データから確率を考える

データから確率を考える

ある事がどれくらい「起こりやすいか」を考えるのが確率! 日常の会話にも出てきたりする確率について、簡単に触れます(^^)
@